不動産登記とは

不動産登記は、皆様の大切な財産である土地や建物の所在・面積のほか、所有者の住所・氏名などを公の帳簿(登記簿)に記載し、これを一般公開することにより、不動産の権利関係などの状況が誰にでも分かるようにし、取引の安全と円滑を図る役割をしています。

登記記録(登記簿)は、1筆(1区画)の土地または1個の建物ごとに表題部(土地や建物の所在・地番・家屋番号・面積等が記載されています)と権利部(土地や建物の権利関係が記載されています)に区分して作成されています。さらに、権利部は甲区と乙区に区分され、甲区には所有権に関する登記の登記事項が、乙区には所有権以外の権利(抵当権等)に関する登記の登記事項がそれぞれ記載されています。

われわれ司法書士は、不動産登記の中でも権利部に関する登記を業務として行うことができます。なお、表題部の登記は土地家屋調査士の業務となります。

 

所有権保存登記

建物を新築したり、新築のマンションや家屋を購入したときに、その建物の所有者が誰であるかを登記するものです。

所有権移転登記

土地や建物を売買・贈与したり、相続が発生したとき、その不動産が誰のものになったかを示すために、所有者の名義を変更する登記です。

抵当権設定登記

土地や建物を担保にお金を貸し借りするなどして、抵当権を新たに設定する場合に行う登記です。

抵当権抹消登記

抵当権が設定された借り入れを返済し終えたりして、抵当権を消す必要がある場合に行う登記です。

登記名義人表示変更登記

登記された所有者や抵当権者等の名義人の内容(住所・氏名)が変わった場合に行う登記です。