法定相続情報証明制度

平成29年5月29日より、「法定相続情報証明制度」が始まります。

この制度は、相続人もしくは代理人が、登記所に相続関係戸籍一式と「法定相続情報一覧図」を提出すると、その内容を登記官が確認したうえで、「認証文付きの法定相続情報一覧図の写し」を交付するものです。この「一覧図の写し」は、相続登記や預金の相続手続等の各種手続きに利用することができます。

つまり、これまで相続手続きのために大量の戸籍の束を提出していたものが、この「一覧図の写し」を提出するだけで済むことになるわけです。また、この「一覧図の写し」は複数交付も可能ですので、手続をする銀行や登記所が複数ある場合は、同時に手続きを進めることもできます。

この制度の狙いは、相続手続における相続人や担当部署の負担の軽減と不動産相続登記の促進にあるとのことです。どの程度の効果があるのかは実際に運用されてみないと分かりませんが、複数の金融機関や登記所で相続手続をする必要があるようなケースでは、手続きの迅速化という面では役に立つ制度ではないかと思われます。