空き家問題

皆さんは、親から相続した家屋をそのまま放置していたりしませんか?

現在、全国の空き家率は年々上昇しており(平成25年:13.5%)、空き家問題は大きな社会問題になっています。先般、平成27年に空家等対策の推進に関する特別措置法(空家法)が施行されたことは記憶に新しいところです。

長年放置された空き家は、防災・衛生・景観上、周りの住民の方々の生活に大きな影響を与える恐れがあり、深刻な場合は訴訟問題に発展する恐れもあります。

空家法が施行されたことによって、市町村が主体となって空き家の調査・現況の把握が進められ、著しく有害・危険の恐れのある空き家(特定空家等)については、その所有者に対して除去・修繕・伐採等の措置の助言や指導、勧告、命令ができるようになり、さらには強制執行まで可能となりました。この空家法の施行によって、現在は多くの市町村において空き家対策の具体的施策が講じられています。

やはりこうした空き家問題の一つの要因として、相続問題が関係していることはまちがいないでしょう。田舎の実家の相続手続きをせずに放っておくケースや、相続手続きはしたものの活用や処分をせずに放置しているケースは数多くあると思います。

日常業務で数多くの相続に携わる私たち司法書士も、空き家問題の改善の一助となるべく、単なる相続登記業務だけで終わらずに、専門家として依頼者へのフォローアップや自治体との連携を図る必要があるものと考えます。