相続税の基礎控除

平成27年1月1日より、相続税の基礎控除額が変更されました。

そのこともあってか、当事務所でも相続に関するご相談が増えてきております。

この相続税の基礎控除額でご注意いただきたいのが、変更前の基礎控除額を使う場合と変更後の基礎控除額を使う場合があるということです。

これは、被相続人の死亡した日によって相続税の基礎控除額を判断することになるからです。

平成26年12月31日までにお亡くなりになられた方の相続については、変更前の基礎控除額が適用されます。

すなわち、この場合の基礎控除額は、5,000万円+1,000万円×法定相続人の数で算出した額です。

平成27年1月1日以降にお亡くなりになられた方の相続については、変更後の基礎控除額が適用されます。

すなわち、この場合の基礎控除額は、3,000万円+600万円×法定相続人の数で算出した額です。

ご相談に来られる方の中にも、この基礎控除額の取り扱いについて誤解を持ってらっしゃる方も多いので、この点は覚えておくとよいでしょう。