相続人と相続分

法定相続人

相続が発生した場合、亡くなった人の財産を相続する権利のある人(相続人)は以下のとおり定められています。

1.配偶者は常に相続人になります。

2.その他の相続人は、以下の順番で決定します。

第1順位の相続人…子(養子、非嫡出子、胎児を含む。子が先に亡くなっている場合は孫以下の下の代へ)

第2順位の相続人…直系尊属(父母、祖父母など。父母が先に亡くなっている場合はさらに上の代へ)

第3順位の相続人…兄弟姉妹(兄弟姉妹が先に亡くなっている場合は兄弟姉妹の子へ)

法定相続分

それぞれの相続人の相続分も法律で以下のとおり定められています。

1.配偶者と子が相続人…配偶者2分の1、子2分の1

2.配偶者と直系尊属が相続人…配偶者3分の2、直系尊属3分の1

3.配偶者と兄弟姉妹が相続人…配偶者4分の3、兄弟姉妹4分の1

※子や直系尊属、兄弟姉妹が複数名いる場合は、その人数で均等に割ります。ただし、父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹の相続分は、父母の双方を同じくする兄弟姉妹の相続分の2分の1となります。