相続税について

相続税の計算

相続税は、「課税遺産総額の計算」、「相続税の計算」の順で算出します。

1.課税遺産総額の計算

「相続や遺贈によって取得した財産の価額」+「みなし相続財産(※1)」+「相続時精算課税制度の適用を受けた贈与財産の価額」−「非課税財産(※2)」−「債務・葬式費用」=「純資産価額(マイナスの場合は0)」

「純資産価額」+「相続開始前3年以内の贈与財産の価額」=「正味の遺産額」

「正味の遺産額」−「基礎控除額(※3)」=「課税遺産総額」

※1…みなし相続財産とは、生命保険金や死亡退職金など。

※2…非課税財産とは、墓地や墓石などの祭祀財産、国や地方公共団体等に寄附した財産、生命保険金のうち500万円×法定相続人の数の金額、死亡退職金のうち500万円×法定相続人の数の金額など。

※3基礎控除額=3,000万円+600万円×法定相続人の数

2.相続税の計算

まず、課税遺産総額を法定相続分どおりに按分したものとして、各法定相続人ごとに下の速算表をもとに税額を計算します。

法定相続分に応ずる取得金額 税率 控除額
1,000万円以下 10%  
3,000万円以下 15% 50万円
5,000万円以下 20% 200万円
1億円以下 30% 700万円
2億円以下 40% 1,700万円
3億円以下 45% 2,700万円
6億円以下 50% 4,200万円
6億円超 55% 7,200万円

各法定相続人ごとに算出した税額を合計したものが相続税総額となります。

続いて、相続税総額を各相続人や受遺者などが実際に取得した遺産の割合に応じて按分し、各人ごとに税額の軽減や控除を差し引いて実際に納める税額を計算します。

【相続税の計算例】

正味の遺産額…3億円

相続人…妻と子2人(長男・長女)の合計3人

分割方法…法定相続分どおりに相続

(1)課税遺産総額

3億円−(3,000万円+600万円×3)=2億5,200万円

(2)相続税総額

2億5,200万円×1/2=1億2,600万円

1億2,600万円×40%−1,700万円=3,340万円

2億5,200万円×1/4=6,300万円

6,300万円×30%−700万円=1,190万円

3,340万円+1,190万円×2人=5,720万円

(3)各相続人の納付税額

(妻)

5,720万円×1/2−2,860万円(配偶者の税額軽減※)=0

(長男)

5,720万円×1/4=1,430万円

(長女)

5,720万円×1/4=1,430万円

※配偶者が遺産分割や遺贈により取得した遺産額が1億6,000万円または配偶者の法定相続分相当額のいずれか多い金額までであれば、相続税はかかりません。

相続税の申告・納付

相続または遺贈により財産を取得した人で申告義務のある人は、相続があったことを知った日の翌日から10か月以内に、被相続人の住所地の所轄税務署に相続税の申告をする必要があります。相続税の納付についても、申告期限と同様に相続があったことを知った日の翌日から10か月以内となっています。