遺留分

遺留分とは

遺留分とは、一定の法定相続人に対して取得する権利を与えられた相続財産の割合のことです。

たとえば、財産のすべてを赤の他人に譲るという遺言がなされると、残された家族の生活に支障をきたす場合も考えられます。そのため、民法は、兄弟姉妹を除く法定相続人(配偶者・子・父母)に対し、最低限取得できる相続財産の割合を保障しました。

遺留分の割合

相続人に配偶者または子がいる場合は、相続財産の2分の1

相続人に父母等の直系尊属しかいない場合は、相続財産の3分の1

個々の相続人ごとに請求できる遺留分は、上記の割合をそれぞれの法定相続分で割って計算します。

(例)配偶者(A)と子供2人(B・C)の場合の遺留分

法定相続分…A2分の1、B4分の1、C4分の1

全体の遺留分=2分の1

Aの遺留分=(全体の遺留分)2分の1×(法定相続分)2分の1=4分の1

Bの遺留分=2分の1×4分の1=8分の1

Cの遺留分=2分の1×4分の1=8分の1

遺留分の請求 

遺留分を請求することを「遺留分減殺請求」といいます。

遺留分減殺請求は、相続財産を受け取った相続人や受贈者に対し直接請求します。

遺留分減殺請求の方法は特に定められておらず、相手方に対する意思表示だけで成立します。

遺留分減殺請求権の時効

遺留分減殺請求ができるのは、相続開始または自分の遺留分を侵害されていることを知ったときから1年間です。また、遺留分のことを知らないままでも、相続を開始してから10年が経過すると権利が消滅します。

自分の死後にトラブルの種を残さないために

せっかく遺言を作成しても、自分の死後にトラブルが発生しては意味がありません。

遺言の作成にあたって、遺留分に配慮した遺産の分配を心がけることにより、将来のトラブルの種を一つ消すことができます。