権利証を紛失したら

お客様からお受けするご相談の中で、たまに「権利証を無くしたので、再発行の手続きをお願いしたいのですが」というものがあります。

権利証(正式には「登記済証」といいます。現在は登記済証に代わって登記識別情報が発行されます)は、一度無くしたら再発行されません。

ただ、権利証を無くしたからといって権利が無くなるわけではありませんし、その後の登記手続きについても権利証無しで行うことができます。

権利証無しで登記手続きを行う場合、「事前通知制度」または「本人確認情報の提供制度」を利用することになります。

「事前通知制度」とは、法務局から権利証が無いまま申請した本人へ「登記申請があった旨」の通知が郵送され、通知を受けた本人から真実の登記に間違いない旨の書面が返送されて初めて登記が実行される制度です。

「本人確認情報の提供制度」は、司法書士が本人と面談し、その責任において本人に間違いない旨の「本人確認情報」を作成し、権利証の代わりに法務局へ提出する制度です。

というわけで、権利証を無くしたからといって権利を失うことはありませんし、その後の登記手続きも問題なく行うことができますのでご安心ください。

ただ、いずれにしても権利証や登記識別情報は不動産の権利を示す大切なものですので、取り扱いや保管には十分気を付けていただくべきでしょう。